昨年に引き続いて 講師は染色から機織りまでこなす田中先生にお願いしました。
藍の生育から今日の準備まで、面倒を見ていただきました。(このように電脳の活動は、多くの方のご厚意に支えられています。多謝です。)

天候は、良すぎるくらいです。猪の被害にも遭わずにすんだようです。
今年も素材はシルクのスカーフを準備しました。参加人数が思ったより少なかったので、暑い中でしたが、のんびりと作業することも出来ました。さてどんな作品ができあがったでしょう?

 

藍の葉を初めて見る人がほとんどです。この葉っぱでどんな色に染まるのでしょうか?
作業を始めるまでに、少し染色についてお勉強もしました。
スカーフに付いている糊をしっかり洗い落とします。
藍の葉っぱを15~20本選んで
バケツに水を半分くらい入れて、その中に葉っぱだけ入れます。
暑いので日陰で作業です。
でもこの作業を素早くやらないと色が出ないそうです。
真剣な表情で作業が続きます。


 

home

tugi